相続不動産の問題で悩んでいませんか?

相続人が相続をした財産の内容と内訳の表

相続財産の多くは 不動産であり、居住用が 占めています。

不動産は預貯金や有価証券とは異なる不動産独自の特性を持っているといえます。その特性は、換金性・流動性に劣ること、そして、個別性が強く、公共性が高い、複雑な権利関係が成立する、価格がわかりにくい、など多岐に富んでいます。相続設計では、この不動産の対策をいかに効率よく有効に行えるかが、実りある相続設計となるか否かの鍵を握っているともいえるであろうし、また、相続税の課税価格の計算では、不動産の財産評価額次第で、その金額は多いに異なることとなってくる。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

不動産相続をするには…

これから相続不動産の知識が必要になってくると思います。

日本相続士協会の相続士が対応します。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

ERAブリッジ不動産販売の任意売却の特徴

日本相続士協会の相続士が対応します。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付