このような問題で悩んでいませんか?

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

競売ってどういうこと?

住宅ローンの滞納や差押えが続くと競売!?

あなたが住宅ローンの滞納や市民税、固定資産税等の差押えになってしまった場合、そのままにしておくと、債権者(金融機関等)が担保不動産を競売に申立てを行うことになります。
万一、競売になったら、あなたの住まいは、自分の意志と関係なく売りに出されてしまいます。入札により一番高い値段を付けた人(落札者)が購入の権利を得ます。いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられるため、あなたの手元には一円もお金が入りません。しかも、競売では、ほとんどの場合市場より非常に安い価格でしか売れないため、家を失った後もなお、たくさんの借金が残ります。
また、引渡の時期は落札者の都合で決まるため、子供の学校の都合などに関係なく退去させられてしまいます。このように、経済面だけでなく、自由がなく非常に精神的に負担が重くなるのが「競売」になります。

競売にならないようにするにはどうしたらいいの?

任意売却の方法があります。

不動産用語集不動産用語集

任意売却とは?
任意売却とは、債務者(所有者)がローンを支払えなくなった場合に、債権者(金融機関・保証会社等)の合意のもとで、所有者の意志に基づいて市場での適正価格にて、自宅などを売却することです。万一、競売になってしまうと所有者の意志には関係なく強制的に売却処分されますが、「任意売却」は、所有者の意志(任意)で売買することが可能になります。
競売とは?
住宅ローンの支払いが困難になると、銀行はお金を回収するために、裁判所を通じて、一番高く買ってくれる人(落札者)を募集し、入札による売却をします。これは、所有者の意思に関係なく強制的に行われます。こうして、担保にとっていた不動産をお金に換えて回収する制度を競売といいます。落札者の募集は、裁判所の閲覧室やインターネットなどによって、公開されます。

比較してみるとどうなる?

任意売却と競売の比較

任意売却と競売の比較図 任意売却と競売の比較図

任意売却するとどうなるの?

任意売却の流れ

ご相談いただいてから、任意売却が成立するまでにかかる時間は平均で1~3ヵ月程度です。
ただし、債務の状況やご家族の都合などにより、大きく異なりますので、あくまで参考程度とお考えください。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

ERAブリッジ不動産販売がサポートする任意売却の対象者です。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

競売までに何があるの?

住宅ローン滞納から競売への流れ

住宅ローン滞納から競売への流れ図 住宅ローン滞納から競売への流れ図
競売までのポイント 競売申立人は競売をいつでも取り下げる事が出来る 確実に競売を取り下げてもらうためには、申立債権者に競売開札期日の前日までに、取下書を提出してもらう必要がある

相談する時期は早ければ早いほうが解決できる確率が高くなります。

逆に残された期間が短いほど、買い手を見つけるのが困難になり、結果、競売の取下げができないケースもございます。裁判所から「競売開始決定通知」がまだ届いていない方も、このまま滞納を続けるとそのうち競売になってしまいます。落ち着いて解決策のご相談する時間を確保する為にも、できるだけお早い段階でご相談いただくことをおすすめいたします。

メール相談フォームはこちら まずは相談!! 24時間受付

ERAブリッジ不動産販売の任意売却の特徴